ワイパーの重要性と交換のタイミング

今回はワイパーの重要性を再確認したいと思います。

フロントウインドウに残る汚れや水分や雪などによる視界不良は、思わぬ事故につながりかねません 。

一般的に人間は外部環境の認識を約80%見た目や視界状況に頼っていますので視界を良くするためのワイパーはとても大事なパーツになります。

この症状が出たら要注意!ワイパー劣化の4つのポイント

  1. ワイパーを動かすと水分がワイパーの動かす方向に残ってしまうことを「スジができる」と表現します。これは劣化によるゴムのひび割れや傷が原因です。
  2. ワイパーの拭きムラや拭き残しですが、主な原因にゴムの変形が考えられます。
  3. 「鳴き」という症状で、ゴムの擦れる音が大きくなることを言います。
  4. 「ビビリ」という症状はゴムが引っ掛かっているように点線がフロントウインドウに残る現象のことですが、これはワイパーブレードが原因の可能性が高いでしょう。

これらの症状が出ている場合、ワイパーの劣化が進んでいる可能性が高いため、安全のために交換をお勧めします。

それと、冬に窓にたくさん雪が付いている時に、無理矢理ワイパーで掃除をすると雪の重さに耐えられずにワイパーのモーターがダメになってしまう事もあるので、ある程度雪をスノーブレードで落としてから使うようにしましょう!

お車の運転は安全が何よりも大事です!視界を良くして安全で気持ちの良いドライブをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA