傷ついた車の売却ってどうすれば良いの?

ボディについた傷や凹みが査定額に与える影響をお伝えします。

お車の買取業者は、良い状態に直っているお車の方が手間がかからないで嬉しいのですが、お車を売る方にとっては、板金で直した分の価格分の上乗せは、ほぼないと思って下さい。

もちろん加点対象にはなりますが、板金にかけた分の値段は返ってきません!

例えば、5万円かけて板金をしたら板金をする前よりも5万円以上買取価格に反映される事はありません。

確かにそれなりの高級車が凹んでいると、査定額にかなり響きそうな気がして板金をしてから査定に出したくなる所だと思いますが、査定士は余程の上手い板金でなければかなりの確率で見抜いてしまいます。傷や凹みのある車両を持って行っても、それを直したらいくらになるのか、直したらどんな外装になるのかをある程度は予想できます。しかもその見積もりは自社で直すので安いです。自社工場が無くても、馴染みの板金屋さんを抱えていて法人価格で直す事が可能です。一般の方が板金をする見積もりとは全然額が違うケースが多いです。

なので、

ほとんどの車屋さんは、お客様自身が動いて手間暇かけて板金をするよりも簡単に安く直してしまいます。

結論を言うと、もう売るのが決まっている場合で我慢ができる範囲であれば、そのままにしておいて下さい。もちろん我慢できる範囲は人それぞれ違うので、一概には言えませんが…

それと価値観は人それぞれなので、自分がこの車は結構な買取価格が付くと持っても、実際には3万円という事もある厳しい世界です。そんな時には、板金をしていてもそうでなくても、1円も加算出来ないケースがあるので、気を付けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA