オートマオイル(ATF)の交換って?

車検の時にATFの交換を勧められた事はないですか??

ちなみにATFって何の事かわかりますか??

ATFは『オートマチック・トランスミッション・フルード』の略なんです…

まだ何かわからないですよね?

詳しく説明すると長くなるので簡単に説明をしますが、

オートマ車のエンジンの動力伝達やシフト制御、オートマチックトランスミッション内の潤滑剤、冷却、洗浄など、とても重要な役割を担っています。

そんなATFですが、2万〜3万km毎の交換が理想ですが、もし6万kmとか放って置くと、逆にもう交換をしないほうがいいかもしれないんです!

何故かと言うと、

長い間無交換だったATFは、ギアの磨耗によって出た金属粉などで蓄積した汚れは、トランスミッション内に固着しています…

いきなり車が止まるとか言う事はありませんが、古くなったオートマオイルを交換すると、古いオイルと新しいオイルの粘度の違いから固着していた汚れが一斉に剥げ起き、トランスミッションの内部で詰まってしまう事があるんです。

ギアの滑り、エンスト、シフトチェンジの不具合などが起こりやすくなります。最悪の場合は、完全に走行不能になる恐れもあるため注意が必要です。

オートマオイルの交換による不具合が起きた場合は、トランスミッション本体を交換することになります。

トランスミッション交換をするとしたら、なんと何十万円もかかる恐れがあります…

交換するか迷った場合は、是非ご相談を下さい!

contact_txt

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA