車のエアコンの内気循環と外気循環ってどっちが良いの?

お車のエアコンの所に絶対にある内気循環と外気循環!

普段はあまり気にしていない人が多いかもしれませんね。

そういう私もあんまり気にしていません!(笑)というのも下までスクロールしたら見えてくる「まとめ」で書いた理由で普段は外気循環で放っておいています。

この違いはと言うと読んで字のごとくです!

内気循環〜外の空気をあまり取り入れずに車内の環境を循環させます。

外気循環〜内気循環とは逆に外の空気を車内に入れて循環させます。

内気循環のメリット

メリット

  • 燃費が良くなりやすい

車内で循環させた空気を再度循環さえるので、エネルギー効率に無駄が少なく、燃費向上に良いです。

  • 冷暖房の効きが良くなる

外気と内気の気温差を変えるのがエアコンの役目なので、外気を吸ってしまうと効率が下がってしまいます。従って内気循環の方がエアコン効率は上がります。

  • 汚れた空気が入りずらい

外気には工事中のホコリや公園の砂けむり等様々な目に見える物から目に見えない物も浮遊しています。内気循環ならその影響が受けにくくなるので、汚れた空気が入りにくくなります。

外気循環のメリット

メリット

  • 換気ができる

これはすぐにわかりますよね?外の空気を入れるので空気の入れ替えができます。

  • ガラスが曇りづらい

外と中の温度の違いが小さいので、ガラスが曇りにくいんです。

まとめ

少し簡単すぎる説明でしたが、普段は外気循環で運転する事をオススメします。

知っている人はほとんど皆が普段は外気循環で走っていると思います。

やはり新鮮な空気を入れてフレッシュな状態の車内の方が、このコロナ社会の中でも良いのではと思います。

外の空気が汚れている時(牧場の匂いがぷ〜んとする時、道路工事中、トンネルの中、学校や公園の近くetc…)にだけ内気循環にする事が良いと思いますよ〜。

燃費や冷暖房の効率は内気循環に軍配が上がりますが、本当に微々たるモノなのであまり気にしないでも良いのではと思います〜…

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA