格安車検って本当に格安なの??

最近よく見かける格安車検!

本当に安いのかどうか結構気になりますよね?

車検の料金は、大きく分けて①「法定費用」②「車検基本料金/その他費用」、それと③「部品代と作業工賃」に分ける事ができます。

①法定費用〜これは読んで字のごとく車検を取得する際に法的に絶対にかかる料金なので、日本中何処に行っても同じお値段です。

重量税、自賠責保険それと自動車税がこの法定費用に該当します。

②車検基本料金/その他の費用〜ここが安いのが格安車検の特徴です。これは何かと言うと車検を取る時に必要な24ヶ月点検とレーンに入れて実際に車両検査をする料金です。

③部品代と作業工賃〜(1)車検に入れると部品を交換しないと車検に通らない場合や、(2)転ばぬ先の松葉杖のような感じで、2年は持たないかもしれないという部品の交換を勧められます。(1)の場合は必ず交換をしないといけないです。(2)の場合は決定権はお客様にあるので、お客様の車の使用の頻度やお財布状況を考慮して決めると行った感じです。

もうお気付きの方はいるとは思いますが、③の部品代と工賃の部分が高いといくら②の車検基本料金が安くても総額が高くなってしまう事があります。部品の値段も純正新品で交換をするのか、中古で我慢するのかといった事でお値段もかなり変わってきます。

工賃〜 一つの作業にかかる時間というのは全国の整備士が指標とするFAINESという膨大なデータで作業時間がわかるので、お店によっての差はあまりないと思いますが、1時間あたりの整備士の作業単価がお店によって全然違います。当店は作業1時間で5,500円という工賃を頂いていますが、10,000円を超える所もあります。

それを踏まえて車検を入れる前に、もし部品交換などの作業が発生した時に中古やリビルト部品で柔軟に対応をしてくれるか、作業が発生した場合の工賃の確認をするといいかもしれませんね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA