車の売買はクーリングオフ制度の適応外?

高額な物を買う時にはかなりの度胸が入りますよね?

中古といえども車は安くてもウン十万円はします。

そこでもちろん中古車もハンコを押した後にどうしても買うとか売るとかを辞めたくなる事はあるかと思います。

数日後なので大丈夫かと思って買取店や販売店に連絡をすると、ハンコを押したのでとキャンセルできませんと断られるケースが結構あります。

どういうことかと言うと…..

本当に車はクーリングオフ制度は適応外なんです!

理由としては、このような高額な物なので買う方も売る方もしっかりと考えた上でハンコを押したのでという事…

らしいです…

もちろん良心的なお店に行けば、応じてくれるお店もあるとは思いますが、あまり期待を出来ないというのが本当の所です。

大型店だから安心とかいう問題ではなく、お店の大きさに関わらずにハンコを押したら絶対にキャンセルをさせてくれないというお店もあるので、他に査定して欲しいお店があるとか、他に気になる車があるといった場合は絶対にその場でのサインをしないで下さい!!

お店名は伏せますが、実際にも当店の方が買取価格がウン十万円高かったが、他店でもうハンコを押してしまったが為にキャンセルが出来なかったと言う事も実際にありました。

悪徳な業者の例で言えば、査定金額は〜万円と言うのをお約束すると言って書類にサインをさせて、本当はそれが契約書でキャンセルが出来なかったといった事が実際にあるらしいです。

しかもそれはみんなが知っている大手です…

どこかは言えませんが(汗)

結論…

少しでも迷いがある場合は、絶対にハンコは押さないで下さい!一度持ち帰ってじっくり考えたら良いと思います。

それと、やたらとハンコを押して!と言われるような事があれば、一度冷静になって考えてみて下さい。

「他じゃこれ以上いい条件は出ないですよ!」とか言ってくる営業マンは沢山いますが、必ず疑ってセカンドオピニオン、サードオピニオンを聞いて見て下さい!

忘れないで下さい!

脱ハンコが騒がれる昨今ですが、今だにハンコの威力は絶大です!

当店はお客様がどうしてもと言うのであれば、余程お客様に非が無い限りはキャンセルを受理しますが、皆がそうではありませんので、ハンコを押す時は慎重にお願いをします!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    前の記事

    暖機運転