夏場の室内温度を下げるコツ

最近は暑い!と感じる夏日が多くなってきた今日この頃。

真夏のカーライフで注意したいのは熱中症やそれが原因で集中力が切れて起こす事故!炎天下に駐車したクルマの車内温度は、55度(ダッシュでは75歳)も超える事もあります。夏場の車内はとにかく酷いですよね?

今回は、車内下げるための方法を紹介します。

エアコンですぐに車内を冷やしたいところですが、熱くなっている車に入ってすぐに車内のエアコンを使っても、なかなか温度はすぐには下がりません。

まずは車内の温度をできるだけ下げることを考えます。

まずは温まった空気を外に逃がすことが先決ですので、なるべく複数のドアを開けるようにして下さい。空気の流れが良くなり、一気に車内の空気が変わります。

また窓を閉めた状態でドアを5回ほど開け閉めすると、車内の空気が入れ換わりやすいです。ドアを閉める時に空気が押し出され、外の空気が車内に入るので、効率よく車内の空気温度を下げられるというわけです。

エアコンを作動させたら自分へ向けたい気持ちをグッとこらえて上へ向けることもポイント。 暑い空気は上に溜まりやすいので、冷気を上に送った方が効果的に室温を下げることができるからです。 その際、車内よりも外の空気の方が低い場合は、エアコンのモードは「内気循環」ではなく「外気循環」の方が効率が良くなりますので、こちらもお試しください。

また、渋滞などでのノロノロ運転はエアコンの効きが悪くなる事があります。なぜかと言うと、クルマのエアコンは、走行時にエンジンルームに入ってくる風を利用し込んでいるのですが、ノロノロ走行をしているとエンジンルームに入る風が弱くなります。それでエアコンの効きが悪くなるのです。

アイドリングストップではエンジンが停止する時があるので、アイドリングストップを切って運転することもひとつです。

また、クルマから発生する発生する熱を入らないようにするために、エアコンを「内気循環」にすることも効果があるのでオススメです。

それと、間違ってもペットやお子様を置き去りにしないで下さい

これから北海道でも苦しい程の暑い夏がやってきます!準備を万全にして乗り越えましょう♪

エアコン関連のブログは下記から♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA